" />

顔痩せの治療

美容外科の利用

女性

ダイエットで顔痩せを成功させるのは簡単なことではありません。頑張って食事の摂取量を減らし、念願かなって体重を落とすことができたとしても、顔だけが大きく膨らんだままになっているということがよくあります。また、巷には顔痩せ効果があると謳われた小顔マッサージに関する情報が溢れかえっていますが、小顔マッサージによって希望通りに顔痩せできる人はほとんどいないのが実情です。なぜかというと、小顔マッサージによって実現可能なのは、顔に溜まっている老廃物や水分をリンパに流し込むだけの効果だからです。たとえ一時的に顔を小さくすることができたとしても、すぐに元の状態に戻ってしまうため、ガッカリしてしまう人が少なくありません。本当の意味の顔痩せを実現したいと希望しているのであれば、美容外科クリニックへ行って小顔治療を受けるようにするのが一番です。究極の小顔治療と言えば顔の骨を削る手術ですが、そこまで大掛かりなことをしなくても、顔を小さくすることができる方法がたくさんあります。具体的にはボトックス注射や脂肪溶解注射、超音波治療、高周波治療、温熱治療などがあります。いずれの方法も医学的根拠に基づいた方法ですので、小顔効果の確実性については信頼することができます。一昔前までは、骨を削るくらいしか有効な小顔治療の方法がなかったのですが、今では新しい治療方法がたくさん開発されたため、顔にメスを入れなくても小顔になることができるようになりました。ちなみに、外科手術に比べると料金もグッとリーズナブルになっていますので、気軽に治療を受けることができます。

効果的な治療方法

顔の骨格自体を小さくするためには骨を削る手術を受けるしかありません。しかし、患者の体がとても大きなダメージを受けるため、最近では、骨を削る手術ではなくまず他の方法を試してみようとするのが小顔治療のトレンドになっています。先程も述べた通り、外科手術以外の手段でも、顔を小さくすることは十分に可能です。顔にメスを入れて骨を削る手術を受けた場合は、体が完全に元通りの状態に戻るまで、軽く半年程度はかかってしまいます。現実的なことを考えると、美容目的の手術を受けた後で半年間も体の静養に専念できるという人はほとんどいません。でも、外科手術以外の方法を利用すれば、もっと早い段階で普段通りの生活に戻ることができます。たとえば、脂肪溶解注射を顔に打ったり、超音波や高周波を顔に照射したりすれば、顔を大きく膨らませる原因となっている脂肪細胞そのものをなくしてしまうことができます。冒頭で触れたように、顔についている余分な脂肪を食事制限などのダイエットで燃焼させることはまず不可能です。でも、脂肪細胞自体をなくすことができれば、顔に脂肪がついてしまう心配をする必要がなくなります。また、ボトックス注射を顔に打てば、顔の筋肉を痩せさせることができます。さらに、温熱治療の活用で、肌を深部からキュッと引き締めることが可能になります。それぞれの治療を単独で受けても効果はありますが、顔全体をトータルで考えて複数の方法を組み合わせて受けるようにした方が、より小顔治療の効果が高くなり、理想のフェイスラインの実現が容易になります。