" />

理想の形になれます

顔の手入れ

小顔は自分の力ではなかなかなる事が出来ません。しかし、近年の医学の進歩により、外部から何らかの施術を施す事で簡単に顔を小さくする事が出来るようになったのです。小顔になるための整形手術の方法はいくつかあります。専門の医師としっかりと相談して決める事で失敗を防ぐ事が出来ます。

詳細を確認する...

顔痩せの治療

女性

食事制限によるダイエットやマッサージで、望み通りに顔を小さくすることは簡単なことではありません。確実に顔を小さくしたいと希望している人は、美容外科クリニックで小顔治療を受けるのが一番です。切らない小顔治療の方法がたくさんありますので、興味がある人は相談してみるとよいです。

詳細を確認する...

もう顔の大きさで悩まない

エステ

欧米人が日本人の意識に疑問を感じてしまうのが、小顔への憧れです。顔が小さい人にはそれをよく褒めて、小顔対策のケアを行っていることが、欧米人には理解ができません。もともと日本人は、欧米人と比べて体が小さく目鼻立ちもあまりよくありません。しかし、欧米人はその逆で、立体的な顔のつくりとスタイルのよさで顔が小さく見える印象です。このため、日本人は特にスタイルを気にしてしまいます。そのために、小顔にこだわるようになり、顔が小さいほど美人という理想が定着してしまったのです。しかし、生まれつきの顔の骨格に原因がある人は、自分だけのケアではどうすることもできません。それには、美容外科で骨格を削る手術を行うことで、スッキリとしたラインに生まれ変わります。例えばエラやあごなどが張っている人は、顔が大きく見えてしまう原因の1つです。これらを目立たないようにするだけで、コンプレックスも解消されます。同じように、顔に脂肪が余分に付いている人も、顔が腫れて大きく見えがちです。ダイエットで脂肪を減らすことはできますが、遺伝的な原因はそう簡単にはいきません。これも、美容外科で脂肪を溶かす注射や脂肪吸引で、顔の腫れをなくしていくことができます。しつこい二重あごで悩んでいる人も、この方法で小顔になれることも難しくはありません。これらとは逆に、顔の凹凸を付けることで、立体的に見えて小顔になれるという手術もあります。あごやおでこなどにシリコンを入れたり、ヒアルロン酸を注入することでその部分がふっくら目立ってきます。これで凹凸ができるので、平面的な印象をなくして小顔に近づけるというメリットが生まれます。このような方法で、生まれつきの顔でも小さくしていくことができ、少しでも見た目の印象をよくしてくれるのです。

小顔に対する美意識が強い日本人ですが、美人でも特に小顔ではない人もたくさんいます。欧米人でも顔が大きい人は少なくないので、全ての容姿に恵まれている人はほとんどいないのが現実です。つまり、美の基準と言うのは人それぞれなので、あまり小顔にこだわり過ぎるのもよくありません。けれども、顔が大きく見えてしまう原因で長年悩みを抱えているのなら、美容外科で診てもらうことも解決策になります。骨を削ったり脂肪を取り除いていくことで、目立った顔の印象が落ち着いてくるようになれば悩みもなくなるでしょう。このような美容外科で手術を依頼する場合は、他の美容外科と比較しながら選んでいくことです。一部の美容外科ではあごなどに入れ込んだシリコンを取り外す手術も行われていますが、外科的な手術は負担も大きいです。ヒアルロン酸の注入は一時的な効果ですが、骨を削ったりする手術は取り返しがつきません。そのため、手術をする意味をよく理解し、後悔しない美容外科で依頼することが一番安心です。そして、脂肪を取り除く手術を受けた場合は、術後でも小顔への意識を忘れないようにしましょう。顔に脂肪が付きやすい体質や遺伝的な要因もあるので、日頃からケアを怠ってはいけません。せっかくスッキリとした顔になれたのですから、それを維持する努力も必要になってきます。このような意識を持って、小顔への対策を行っていくことが大切です。外科的な手術を行ってくれるのは美容外科ですが、それを選ぶ人の責任も大きいです。必ず信頼できる美容外科を選んでいくようにし、納得できる小顔を手に入れていきましょう。

顔を小さくする

整形

小顔になるための整形の特徴は、メスを入れるものと入れないものがあり、その人の顔のラインにあった方法で行うことができます。また、今後は、より効果のあるもの、より体に良いものが誕生し、美容外科の分野も市場が拡大し発展し続けていくことでしょう。

詳細を確認する...